1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 占星術/タロット
  6. コミュニケーション
  7. 【T#72】「タロット実践講座」(0期)が無事終わりました〜受講者の感想をいただきました!

BLOG

ブログ

コミュニケーション コラム ブログ/全ての記事 占星術/タロット

【T#72】「タロット実践講座」(0期)が無事終わりました〜受講者の感想をいただきました!

はじめに

こんにちは!東京・渋谷(恵比寿)でロルフィング・セッションと栄養・タロットカウンセリングを提供している大塚英文です。

「タロット実践講座」無事終了〜知識以上に大事なのは?

「タロット実践講座」が2022年4月の中旬、無事終わりました!

「タロットカード」の実践講座なのに、
「知識も大事だが、それ以上に大切なものがある!」
と、一味違った講座内容になっている。

そもそも
「タロットカード」の知識を暗記する前に考えていただきたいことがある。
人間にとって
「「カード」を見るとは何か?」
を知ることだ。

脳は世界をどう捉える?〜一人一人違った「ものの見方」をする

脳って
「あるがまま世界」を見る
のではなく、
「見たいように世界」を見る
と言われている。

ボー・ロッドの「脳は「ものの見方」で進化する」によると、

人間がモノを見る際、
「脳が見るための情報のうち、目から取り入れる情報は10%、残り90%は脳の別とところから入った情報を使う」
らしい。

しかも、五感全てにそれが当てはまる。
要は、
脳は、
「過去にうまくいってたことと照らし合わせて、無意識に「現実」を作り上げる」
別の言葉で言えば、
「人間が見たいように、ありのままに現実を見ない」
ということなのだ。

五感から得られた「10%」の生データを使って、残りの「90%」を過去の情報が入っている脳が「意味づけ」をし、世界を解釈するのだ。私は、講座で、これを「ものの見方」「知覚」と読んでいる。

脳の中でどのように処理されているのか?を知ること。
「「カード」を見るとは何か?」
の理解は、このようにして深まる。

一人一人が違った「ものの見方」をすることを理解することで何が変わるのか?

「なぜ、一人一人が違う「ものの見方」をするのか?」
「タロットカードの解釈の仕方が一人一人違う理由は何か?」
その訳もわかるのだ。

タロット実践講座には、
哲学(現象学、構造主義)、東洋医学、認知科学、心理学、西洋絵画史、西洋科学
等が登場するが、
一見関係なさそうに見えて、
「人間は一人一人「ものの見方」が違う」
と言う視点で見ると、全て繋がっていることが理解できる。

これがわかると、
1)話の聞き方が変わる
2)タロットカードの知識をどう深めていったらいいのか?理解できる
3)知識よりも、相手に目が行くようになる
4)「ものの見方」を広めるツールとして「タロットカード」を見れる
のだ。

3ヶ月間、座学と練習会の2つの柱で「タロット実践講座」を開催中。
現在2期生を募集中。
2022年5月19日からセミナーの提供を開始します。
ご興味のある方は「「タロット実践講座」のご案内(2期)」をご参照ください!

以下、受講者からの声を紹介したい。

受講者(ヘルスコーチ・国際弁護士・会社役員)の声(1)

タロットカード実践講座 修了しました‼️

この講座を受ける前は、
▪️占い
▪️スピ系
▪️怪しい易学

な~んて、受講前のイメージです‼️
ところがどっこい‼️

タロットの歴史を科学と宗教の歴史から紐解いていき、心理学や脳科学の視点で人間が作る「知覚」とは何か?と言うところまで深掘りしながら、
▪️「聞く」とは
▪️「ありのまま」とは
▪️「タロットの本質」とは
▪️「タロットの使い方」とは
について学びました‼️

毎回、興奮するぐらい面白い内容で
「もう終わり 😲」 と最終回は寂しさでいっぱいでした。
▪️本物を学ぶ
▪️本質を分かりやすく・面白く教える講師
この2つの大切さを再び知ることに‼️

講師の大塚さんは、もと同僚。
とてもユニークな経験をされていて
現在ロルフィングセラピー、栄養、タロット等多岐にわたってビジネスをやっています‼️
私もホリスティックヘルスをやるので、いつもマニアックな話で盛り上がります😅

瞑想もそうですが
タロットもマインドを扱うので
マインドの扱い方をちゃんと勉強しないでやったり、教えたりすることは、危ない方向にいきます‼️
勿論、タロットにも色々なアプローチがあるので、学ぶ目的や方向性で決めるのが大切です。
これから学んだことをどんどんアウトプットしていきたいと思います❗️
タロットに興味のある方は、是非チェックしていただくとよいかと思います‼️
大塚英文さん‼️ ありがとう😆💕

受講者(大学生)の声(2)

タロット講座を通して、タロットの内容はもちろんですが、それ以外にもPT(理学療法士)として働く時に大切になってくる多くのことに気が付くことができました。

大学2年生になって勉強量が格段に増え、新しい知識、情報で溢れかえっていますが、だからこそ、ありのままをみる、フラットになるツールとしてこれからもタロットを使わせていただこうと思います。

ありのままをみて、相手のインスピレーションを聴くことの大切さを体感できるタロットが身近にあることが私の強みです。そんなタロットを一から丁寧に教えてくださった大塚さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

関連記事

【T#65】ありのまま観察する力とは?知識のレンズで見な...

【T#56】第12回・タロット交流会の開催の報告〜タロッ...

【T#11】コミュニケーションは相手があってこそ

【T#54】第28回・人の話の聴き方を学ぶタロットカード...

【R#229】場が、心理的にみて「安心」「安全」かどうか...

【T#66】相談することは「考える癖をつける」いい訓練〜...