1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 西洋医学
  6. アトピー性皮膚炎/治療
  7. 【N#147】100年人生を生き抜くハイパフォーマンス戦略!脳科学活用講座 基礎編 実践編のご案内

BLOG

ブログ

アトピー性皮膚炎/治療 オーソモレキュラー/栄養学 コラム コロナウイルス/感染症 ブログ/全ての記事 歯科治療 薬・開発 西洋医学

【N#147】100年人生を生き抜くハイパフォーマンス戦略!脳科学活用講座 基礎編 実践編のご案内

【脳科学活用(脳活)講座】基礎編、実践編の募集のご案内

【脳科学活用(脳活、のうかつ)講座】(基礎編と実践編)の受講生を募集します!

脳科学活用(脳活)講座とは?

世界中の平均寿命も伸び、人生100年時代が語られるようになってきました。

「老いて生きる期間ではなく、若々しく生きる期間が長くなる」
すなわち「健康寿命」を延ばしていくために、どうしたらいいのでしょうか?

私は、医学部大学院で研究者(博士(医学)取得))し
その後、製薬業界で薬の開発と販売を合計20年、
ヨガ(17年)、ボディワーク(ロルフィング、8年)の経験してきました。
今まで経験を通して、脳科学には健康寿命を伸ばす秘訣があることを知りました。

そこで、私の30年近くにわたる経験と知識の集大成と位置づける
「脳科学を生活習慣に取り入れる」講座、
すなわち「脳科学活用(脳活)講座」(以下「脳活講座」)を提供することになりました。

みなさん、10~20年後を想像してみてください。

今と同じように、身体を動かすことができ、集中力を維持し、
仕事のパフォーマンスを上げたいと思いませんか?

パフォーマンスを上げていくために、
一人一人がどのように生きるのか?10年後を想定した上で、
ご自身で戦略、戦術(方法、手段)を選択していくことが大切です。

また、従来の脳科学の講座では扱わない、
生活習慣やサプリメント、食事、運動など体をトータルで見ていきます。

脳活講座の大きな特徴は、
サプリメント、食事法(糖質制限、パレオ、ヴィーガン、マクロビ等)
のような手段に目を向けるのではなく、
それぞれの一長一短について説明し、自分に合った方法を探すこと
に焦点を合わせます。

予防に勝る治療法はない!

現代の保険診療は、病気に罹ったら「対処療法」で治療していくのが基本の姿勢です。

この戦略だと、病気の症状に対処できますが、生活習慣を含めた指導がないので、「健康寿命」を延ばしにくいのが現状です。

しかも、薬への依存も強まっていきます。それが医療費の逼迫を招き、保険診療の仕組みもどこかで破綻する可能性が高くなります。

ポイントは「病気に罹る前にどう事前に予防するか?」です。

近年、欧米では、学問としてのlongevity(長寿)が発展していて、生活習慣の改善により、longevityの延ばす方法が明らかになってきています。

脳活講座では、欧米の英語で書かれた主要論文やポッドキャストなどで国内外の最新の情報を取り入れ、病気の予防の視点で伝えていきます。

予防的なアプローチをとると、下記のグラフのように健康寿命に大きな差が出ることをご理解いただけるかと思います。

そして、脳活講座では、対処療法から予防へ、考え方を変えていくための3つのステップがあることを伝えていきます。

ステップ1〜行動・生活習慣の変容

一つ目のステップは、行動・生活習慣の変容です。

「健康寿命」を延ばすための秘訣は、生活習慣を改善していくことにあります。

そこには、運動、活力・感情面、睡眠の3つがあります。

それぞれをどのように取り組み、日々の生活に取り入れるか?脳科学をベースに説明します。

ステップ2〜食事・サプリメント

二つ目のステップは、食事・サプリメントです。

生活習慣を改善していくのが基本ですが、それでも対処できない場合に、食事・サプリメントに注目します。

そこには、食材の種類、エネルギー、サプリメントの3つがあります。

エネルギーとなる食事は何か?そのためのサポートとして、サプリメントをどう取り入れたらいいのか?こちらも、脳科学をベースに説明します。

ステップ3〜医師と処方薬

三つ目のステップは、医師と処方薬です。

上記の2つのステップが対応できない場合には、医師や薬に頼ることになります。

そこには、医師・歯科医師との関係、製薬業界と処方薬、健康診断の見方と戦略の立て方の3つが挙げられます。

保険制度の仕組み、製薬会社がどのように薬を生産し販売しているのか?

どのような時に医師・歯科医師に頼ったらいいのか?を含め、考え方を紹介していきます。

「基礎編」と「実践編」の2つから選択可能

脳活講座は、2ヶ月で基礎を学ぶ「基礎編」、半年間で全体像を学ぶ「実践編」に2つから選択できるので、ご検討ください。

「基礎編」〜2ヶ月コース、カリキュラム

基礎編は、2ヶ月コースで、基本的な脳科学の知識を身につけ、ご自身の日常生活に応用できます。内容は以下のとおりです。

特典(前半):健康寿命と予防、健康診断の見方、戦略の立て方
特典(後半):科学とは何か?モデル思考とビジネス、西洋の考え方
第1回:消化・吸収の基本を知る~脳科学、呼吸、歯の噛み合わせ
第2回:副腎、精巣、卵巣について~ストレスと性ホルモンとの深い関係
第3回:肝・腎の働き~身体の「要」の活かし方

【日程、2023年10月〜12月】
平日の夜と土日の昼から選択可能です(他の日程が必要な場合には、調整可能です)。

          平日の夜                 土日の昼
特典(前半):12月6日(水)、午後7時      12月9日(土)、午後2時
特典(後半):12月20日(水)、午後7時     12月23日(土)、午後2時
第1回:1月6日(水)、午後7時          1月9日(土)、午後2時
第2回:1月24日(水)、午後7時         1月27日(土)、午後2時
第3回:未定                    未定
第4回:未定                    未定
→第3回以降は、脳活講座開始後に決定(参加者の要望によっては、上記の日程に変更の可能性あり)。

【価格】
75,000円(税込)(早割価格:60,000円(税込、2023年9月15日まで)、特別早割価格:50,000円(税込、2023年8月20日まで)
*申込締切日:2023年9月30日(土)
*途中から、実践コースへの変更も可能です(ご相談ください)
*受講特典:入門講座受講無料、セミナー資料提供を含む

【よくある質問(Q&A)】

【申込】
下記のサイトから申し込みください!

「実践編」〜6ヶ月コース、カルキュラム

実践編は、6ヶ月コースで、総合的な脳科学の知識を身につけ、他人にもアドバイスできるようになります。内容は以下のとおりです。

特典(前半):健康寿命と予防、健康診断の見方、戦略の立て方
特典(後半):科学とは何か?モデル思考とビジネス、西洋の考え方
第1回:消化・吸収の基本を知る~脳科学、呼吸、歯の噛み合わせ
第2回:副腎、精巣、卵巣について~ストレスと性ホルモンとの深い関係
第3回:肝・腎の働き~身体の「要」の活かし方
第4回:小腸・大腸の働き~砂糖、食物繊維、腸内細菌
第5回:膵臓・甲状腺の働き~インスリン、甲状腺ホルモン、成長ホルモン
第6回:人間とエネルギー~エネルギー源の脂肪と炭水化物の活用法
第7回: 食事構成と食材の選び方~有機・化学肥料・農薬
第8回:「食欲」から脳の仕組みを理解する
第9回:脳と体内時計①~覚醒と食事・集中力との関係
第10回:脳と体内時計②~睡眠と食事・学習との関係
第11回:免疫と感染症~感染症を予防するためにできること
第12回:塩分(ミネラル)の活用法と血中の脂質値の見方

【日程、2023年12月〜7月(予定)】
平日の夜と土日の昼から選択可能です(日程は「仮」で、参加者が集まった段階で調整します)。

          平日の夜                 土日の昼
特典(前半):12月6日(水)、午後7時      12月9日(土)、午後2時
特典(後半):12月20日(水)、午後7時     12月23日(土)、午後2時
第1回:1月6日(水)、午後7時          1月9日(土)、午後2時
第2回:1月24日(水)、午後7時         1月27日(土)、午後2時
第3回:未定                    未定
第4回:未定                    未定
→第3回以降は、脳活講座開始後に決定(参加者の要望によっては、上記の日程に変更の可能性あり)。

【価格】
270,000円(税込)(特別早割価格:210,000円(税込、2023年8月20日まで))(その後、早割価格:225,000円(税込、2023年9月15日まで))
*申込締切日:2023年9月30日(土)
*受講特典:再受講可、入門講座受講無料、セミナー資料提供、個人セッションx(要望で最大) 6回を含む。

【申込】
下記のサイトから申し込みください!

 

関連記事

【N#21】1級電磁波測定士の牧野廉さんと電磁波〜電磁波...

【E#237】2021年を振り返って(5)〜Clubho...

【N#94】栄養療法開始から1年3ヶ月〜ホモシスティンの...

【N#110】「デュピクセント」②〜使用1ヶ月後の経過〜...

【N#23】「栄養分析プログラム」の血液検査+有機酸検査...

【N#63】腸内環境の除菌(2)〜真菌と細菌の違い+ダイ...