1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 西洋医学
  6. オーソモレキュラー/栄養学
  7. 【E#216】2021年に開催予定のセミナー(1)〜栄養編〜方法・ハウツーではなく、自分で答えを出していくようなセミナー〜ホームページ・ロゴの改訂を含め

BLOG

ブログ

オーソモレキュラー/栄養学 コラム ブログ/全ての記事 西洋医学 起業/独立 開業・個人経営

【E#216】2021年に開催予定のセミナー(1)〜栄養編〜方法・ハウツーではなく、自分で答えを出していくようなセミナー〜ホームページ・ロゴの改訂を含め

2020年も残り2週間。今年も1年を振り返る時期に入った。

2020年はコロナウィルスに振り回された1年。

全く予想外のことが起きたが、私自身もアトピー性皮膚炎の発症と悪化(「どのように腸内環境を整えていくのか?〜アレルギー性皮膚炎とリーキーガット症候群、上咽頭炎の関係〜自分で検証して行った結果はどうなったか?」参照)もあり、仕事のペースを落とすことを余儀なくされる。

幸運だったのは、身体をいたわる余裕があったのと、分子整合栄養医学(分子栄養学、オーソモレキュラー栄養学)に詳しい御川安仁先生への本格的な皮膚炎の治療(「血液検査から何がわかるのか?〜腸内細菌の環境、蛋白質・脂質がどのように身体内で利用されているのか?神経伝達物質はどうか?を含め」参照)を受けられたことだった。

ご参考に、御川先生の本も出版されているので(「疲れが取れない・原因は副腎が9割」参照)、興味がありましたらチェックしてください。

血液検査の結果を受けて、ビタミン・ミネラル・ハーブ等のサプリメントを日々生活に取り入れる生活を送るようになってから1ヶ月がすぎた。

サプリとして、ビタミン(A(ミセルタイプ), C(錠剤), D3, E, K)、アシュワガンダ、CoQ10、オメガ3、Zn、L-カルニチン(時々)
と食事の時に、消化酵素、ベタイン塩酸

を併用しながら、進めている。秋から冬にかけて蕁麻疹や痒みが出るのですが、VCとオメガ3のサプリメントによって今年の症状は軽減しているような気がしている。

2019年からアトピー性皮膚炎への本格的に取り組んでいるが、

「今回こそ!」

という思いが強い。

実感を感じているので、

ミトコンドリア活性化→腸内環境を整える→除菌→重金属除去

といった一連の治療を進め、これらの経験をセミナーやセッションなどに反映できればと思っている。

さて、

「自分の飲んでいるものは、本当に効果があるのか?」

への興味から、インターネットや本を中心に情報収集にあたっている。

中でも、面白いのは、Andrew Saul博士の’Megavitamin Formula 3.0‘(MVFコース)のオンラインコース。

Saul博士は、分子整合栄養医学の創始者のAbram Hofferの愛弟子で、Hofferと4冊共著で出版している。日本語訳として「オーソモレキュラー医学入門」が発売されている。

2020年11月24日から受講。全編が英語で、3週間コース(全21回)。各回、平均30分の内容で、ビタミン、ミネラル、食事の選び方(Plant Based Dietとは何か?Veganとどう違うのか?)、サプリの選び方(良い品質のサプリをどう探すのか?)、野菜ジュースの作り方やファスティングなどの内容がSaul博士の40年の経験が惜しみもなく入っていて、満足度が高い。

すばらしいのは、各種ビタミン・ミネラルの発見の歴史から、医師がどうやって臨床的に実証したのか?どの論文に当たったら良いのか?リンク先が全て明記されている。学習効率が捗ることだ。

私自身、栄養療法はマインドも重要だと思っている。Saul博士は、それをよくわかっており、宗教の話、スピリチュアルな話も紹介しつつ、なぜ、人間は医師の情報を鵜呑みにするのか?といったマインドの問題も取り上げている。

Saul博士へのインタビュー(4時間分)や講座の質疑応答(合計6時間)も公開されており、MVFコースの興味が尽きない。

Saul博士は、’DoctorYourself.com‘に、無料で論文情報を含め紹介しており参考になる。

残念なことに、日本語版がないが、2021年開始する予定の栄養セミナーで取り上げて行こうと考えている。

コロナ禍の影響もあり、資金調達の敷居が下がっている。幸運なことに、日本商工会議所のコロナ型・持続化補助金と政策金融公庫の融資が得られた(「今後のビジネスの展開について〜どのように持続化補助金と日本政策金融公庫の融資を使っていくか」参照)。

そこで、

1)新規のホームページ:自分のプロフィールや全体のサービス(ロルフィング、セミナー、オンラインサロン等)を紹介

2)ロルフィングのホームページのリニューアル:今のロルフィングのホームページをわかりやすくシンプルに整理する

の2つとZEROのロゴの改訂を行い、2021年の1月頃に公開へ向けて取り組んでいる。

過去5年間半、ロルフィングのセッションを提供してきたが、お客さんが一番興味を持っていたのが「キャリア」と「食事・栄養」についてだった。

そこで、2つのテーマで何かできないか、過去に開催した「身体の学校・ZERO塾」と「自分軸セミナー」の資料を見直して、新たにセミナーの形で提供していく予定だ。

今回のブログでは、栄養編について取り上げたい。

巷に栄養学にセミナーはたくさんある。

・どのような食事が良いのか?例えば、マクロビ?パレオ?糖質制限?東洋医学?ファスティング?

・どのようなサプリの製品がいいのか?例えば、日本製?海外製?ブランド品?医療グレード?

食事・栄養・サプリについての説明の時に、よくあるのが、資格ビジネスやネットワークの販売網(Multi-Layer Marketing、MLM)に組み込まれているケースだ。

もちろん、勉強して基礎的な力が身に付く資格もあるし、品質の高い製品がMLMで販売されているので、全く否定していないが、一部に、自社の製品を売り込むために、本来伝えるべき内容から大幅に離れてしまうことだ。

そして、本来いい悪いはないにもかかわらず、

「同じビタミンでも、他社よりも自社の方がいい」

といった内容になってしまう。

現状としては、

ビタミンやミネラルは特許切れのものがほとんど。

その上、品質の面で、医療グレードよりも、iherbで入手できる安価なサプリで解決することが多い。

製薬会社にてマーケティングを勤務した経験しているので、如何に自社の薬を販売するか?にエネルギーを注ぎ、本来ニュートラルな情報を伝えるべきところ、競合品との比較から、自社の有利な点を伝え、不都合なデータは伝えないということが起きてしまう。

そこで、

「この食事・サプリ・栄養がいいですよ!」

というよりも

「食事・栄養などの基本的な知識を得た上で、一人一人の体質が違うことを理解する」

その上、

「自分なりの解決策を見つける」

ことが重要。

そのことで、

「マスコミ、テレビの情報に振り回されない、自分なりのモノサシ」

を手に入れることができるのではないだろうか?

そのような背景から、私はMLMや資格ビジネスに一切関わっていない。そして、元研究者(医学博士)の自分として、できる限りニュートラルな情報を伝えていきたいと考えている。

今後、以下の2つのセミナーを提供していく予定だ。

「東西の叡智から健幸を学ぶ学校・ZERO寺小屋(仮題)」(基礎編)(全12回のコース)

・対面又はZOOM(開催方式)

・単回もしくは回数券での販売。

「東西の叡智から健幸を学ぶ学校・ZERO塾(仮題)」(実践編)(半年のコース)

・対面又はZOOM(開催方式)

・特典として、資料と動画の共有、秘密のシェアグループの作成、次期への参加無料、「ZERO寺小屋(仮題)」へ12回分通い放題等

の2つを用意。2021年1月から募集開始の予定だ。

もし、食事や栄養について、理解を深めていきたい方、本質的な内容を学びたい方には、ぜひ、更新するブログの内容に注目していてください。

関連記事

【P#21】医薬品の開発(9)〜保険の仕組み(1)

【N#36】分子栄養学を知るための基礎化学・分子生物学セ...

【N#29】『髪。ヘアケアの基本のき』〜髪の構造、排泄器...

【N#9】有機農業の歴史〜化学肥料、農薬、地力低下(欧米...

【N#16】『食事の栄養とサプリメントの栄養の違い』〜食...

【N#46】「栄養と酵素について」(4回目)〜アルコール...