1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 西洋医学
  6. オーソモレキュラー/栄養学
  7. 【N#14】地粉道場を開催して(3)〜小麦粉からスコーン、全粒スティックを作る

BLOG

ブログ

オーソモレキュラー/栄養学 コラム ブログ/全ての記事

【N#14】地粉道場を開催して(3)〜小麦粉からスコーン、全粒スティックを作る

2019年1月11日(土)、サロンのZEROにて、地粉道場・お菓子編を行った。地粉道場を開催するのは5回目。講師は妻の亜希子だ。

過去に3度、地粉のお茶会を開催した(3回目の模様については「食事は何でできているのか?〜小麦を中心に」参照)。
日本人が昔から食べていた小麦粉、地粉を使ってスコーンやクッキーを作り、アフタヌーンティースタイルで毎回提供させていただいた。
その後、
「是非とも作り方を教えて欲しい!」
のリクエストに応える形で久々に地粉道場・お菓子編を実施する運びとなった。
地粉道場を開催するのは、約1年ぶり(前回の模様については「小麦粉からパンケーキを作る」参照)。


そして、お菓子を作るのは初の試みとなる。

 
今回の参加者は4名で、全粒スティックと英国式スコーンを地粉から作った。

英国式スコーンは、地粉、メープルシュガー、ベーキングパウダー、塩、オーガニックショートニング、豆乳などを混ぜ。
全粒スティックは、地粉、全粒粉、塩、メープルシュガー、油、豆乳を混ぜる。

メープルシュガーの量を調整しつつ、紅茶の茶葉を入れたりと、味の工夫をこらしながら、オーブンで焼きあがるを待った。

最終的にスコーンと全粒スティックは、イチゴジャム、豆乳クロテッドクリーム、はちみつりんごジャムと一緒にいただいた。
全粒スティックはメープルシュガーの量に合わせ3種類の甘さのものを作り、それぞれの味わいがわかるようなものになった。
帰ってすぐに復習できるよう、復習セットのお土産の特典もあり、終わった翌日に復習を兼ねて作った方もいらした。
次回は、2019年2月16日(土)に開催予定です。
もしご興味がありましたらお問い合わせください。

関連記事

【N#59】分子整合栄養医学の治療(5)〜腸内環境を整え...

【N#22】アーシングと健康〜大地を裸足で歩くことで、抗...

【N#44】「電磁気とは何か?」(2回目)〜科学は社会に...

【E#216】2021年に開催予定のセミナー(1)〜栄養...

【N#34】リーキーガット症候群への対処(2):骨付きの...

【N#57】分子整合栄養医学の治療(3)〜血液検査から何...