1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 西洋医学
  6. オーソモレキュラー/栄養学
  7. 【N#92】安藤麻希子先生のセミナーを受講して〜子育ての際に知ってほしい栄養について

BLOG

ブログ

オーソモレキュラー/栄養学 コラム ブログ/全ての記事 西洋医学

【N#92】安藤麻希子先生のセミナーを受講して〜子育ての際に知ってほしい栄養について

はじめに

こんにちは!東京・渋谷(恵比寿)でロルフィング・セッションと栄養・タロットカウンセリングを提供している大塚英文です。

私は、現在、アトピー性皮膚炎の治療のため、分子栄養学(オーソモレキュラー)の治療を受けている。

分子栄養学を知るきっかけを与えていただいのは、2017年6月頃から月1回のペースで自律神経を整える「高温熱熱刺激療法(以下温熱療法)」でLe Salon De Figueの中村恵理子さん(以下恵理子さん)だ。

恵理子さんとは以前、ロルフィング・セッションのお客さんとしてサロン・ZEROにもお越しいただいたご縁で、時々お会いしている。

Le Salon De Figueでは、温熱療法以外に、根本的な体質改善を目指す栄養指導を軸に、必要に応じて、植物療法、メディカルサプリ等、様々なアプローチを取り入れている。特に、分子栄養学も詳しく、学ぶことが多い。

そこで「分子栄養学」に出会う。

恵理子さんのお勧めもあって、検査を初めて受けたのが2019年5月〜6月頃。
1)分子栄養学に基づく「栄養分析プログラム」(25OHビタミンD検査を含む)(2019年5月13日に血液検査(統合医療クリニック・ハタイクリニック(祐天寺)で実施))
2)有機酸検査(2019年6月10日に検体を送付、あんどう口腔クリニックに依頼)
の保険適用外検査を依頼した。

「栄養解析レポート」「有機酸検査」の結果を入手後、分子栄養学に詳しい方にコンサルを依頼した。

2019年6月26日(水)、恵理子さんから札幌市在住のあんどう口腔クリニックの歯科医師の安藤麻希子先生(以下安藤さん)をご紹介いただき、恵理子さんが同席しつつ、札幌と東京をZOOMで結び、1時間ほどテレカンを実施。その後、恵理子さんによる分子栄養学の見地からみた個別の栄養指導を受けた(「栄養分析プログラム」の結果+体質を理解すること:胆汁のうっ滞、SIBO、肝機能;糖質制限の向き・不向き」、「有機酸検査の結果+体質を理解すること:カンジダ菌、シュウ酸、ビタミンB群不足のこと。そこから先は?」参照)。

その後、妻・亜希子が「分子栄養学アドバイザー養成講座」を受講したこともあり、大塚家は、安藤さんに大変お世話になっている。

2021年8月には、「統合医療実践グループ(パーフェクト睡眠)」の第2回OFF会が開催された際に、安藤さんと再会した(「淡路島への旅〜「自分の身体の声を聞き、感覚に合うものを選ぶといい」を知る旅になった」参照)。

安藤さんのセミナーを開催〜統合医療実践グループ

今週の木曜日(2021年11月25日(木))、妻・亜希子と私が月1回、司会を務めている「統合医療実践グループ」のセミナーに安藤さんを招いて1時間のセミナーを開催させていただいた(ちなみに、下記のスケジュール一覧をご参照ください)。

今回のセミナーの題名は「子育てについて知ろう・栄養について知ろう」。
安藤さんが、歯科医師の資格を持ちつつも、子育てしている経験から一人の主婦として、どのように医療を考えているのか、栄養療法についての考え方について、その人となりがより理解できると思うので、内容の一部をご紹介したい。

なぜ分子栄養学に興味を持ったのか?

実家が歯科医師ということもあり、歯科大学を卒業。
研修医の仕事は、外科的な治療(口腔外科)と不定愁訴の患者を見ることが中心。
色々な症状を持った患者さんと出会うのだが、
「どれも口腔外科に来たからといって、スッキリ完治するという患者は見たことがなく・・・」
患者さんの訴えを聞けば聞くほど、安藤さんご自身が、具合が悪くなり(胃潰瘍、腎結石、帯状疱疹等といった症状)と、散々な思いをしたという。

歯科医師としての仕事に疑問を持つようになり、ご縁もあり、ハワイ在住の方と結婚。
(海外で歯科医師の資格は使えないこともあり)歯科医師の仕事を辞め、ハワイへ移住、主婦業に専念することに。

主婦に対して疲弊感(産後うつ、副腎疲労等)があり、主婦をリタイアしたい!という状態になり、口腔カンジダで食事が食べられない状態にまで追い詰められる。

大学の先輩が「分子整合栄養医学」をやっていたこともあり、人生が一変。

細胞レベルの栄養の問題が色々な病気を起こす、免疫力の上げ方って栄養から行うことができるんだよ!と。

そこで、
「心身ともに健康で、体力がなければ、子供に無償の愛情は与えられない?!」
「同じことを繰り返さないために、自分で自分の身体を養生する術を身につけたい」

考え方に至り、
オーソモレキュラー・アカデミーを設立。

「私たちのミッションは、分子栄養学の素晴らしさを一人でも多くの方へ伝えることです。より多くの方が健康で素晴らしい人生を歩むための土台づくりのお手伝いをしたいと考えております」

という素晴らしいミッションを日々伝えている。

子育てしていく上で、どういった知識を身につけていったらいいのか?等、わかりやすく紹介。あっという間に1時間が過ぎた。

症例を含めて、栄養学についての魅力を伝えていただいたのだが、とにかく安藤さんの情熱、パッションは十分に伝わる内容で、私も思わずお話に引き込まれてしまった。

質問も多数あり、午後9時スタートから、あっという間に午後10時半を過ぎてしまった。

ぜひ、安藤さんの取り組みにご興味のある方は
オーソモレキュラー・アカデミー」のサイトをご参照ください。

最後に

安藤さん、お忙しい中、セミナーの開催をご快諾いただきありがとうございました。
これからも、ぜひとも大塚家ともどもよろしくお願いいたします!!

関連記事

【E#219】寺小屋・ZERO(テラゼロ)(3)〜「ゴー...

【N#87】御川先生のセミナーを受講して〜統合医療とは何...

【N#68】「ビタミンって本当に役立つの?」〜ビタミンB...

【N#31】リーキーガット症候群への対処:腸の働きに努め...

【N#74】腸内環境の除菌(7)〜INTERFASE(真...

【J#78】安曇野・松本への旅(2)〜音楽療法と自律神経...