1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 【E#243】今の自分と昨日の自分と比べること〜7周年を迎えて(2)〜

BLOG

ブログ

コラム ブログ/全ての記事 起業/独立 開業・個人経営

【E#243】今の自分と昨日の自分と比べること〜7周年を迎えて(2)〜

はじめに

こんにちは!東京・渋谷(恵比寿)でロルフィング・セッションと栄養・タロットカウンセリングを提供している大塚英文です。

おかげさまで、2022年6月で開業7周年を迎えることになりました!
みなさんのサポートのおかげです。改めて感謝申し上げます。

前回のブログでは
「7年間、個人事業主として活動を続けることができた理由は何か?」
について、
「直感」と「理屈」の2つのキーワードから自分の経験をシェアさせていただいた。

今回は「逆境」というキーワードから話したい。

逆境に対して冷静でいられるかどうか・・・

個人事業主として活動していく上で、思った通りにいくこともあるが、
コロナ禍や世の中の流行などの環境の変化によっても、ビジネスが大きく影響を及ぼす。

実際、7年間「順境」や「逆境」を経験しながら、荒波を乗り越えていったと思う。
特に大事なのは「逆境」の時、どう対処していくかだ。

中国古典の「呻吟語」(呂新吾著)に

大事難事に担当を看る
逆境順境に襟度を看る
臨喜臨怒に涵養を看る
群行群止に識見を看る

の言葉がある。
意味は、
大きな事件や困難な事件にぶつかったときに、どの程度の責任感を持っているかがわかる。
逆境や順境にあるときに、どの程度の襟度(心の広さ、人を受け入れる度量)をもっているかがわかる。
喜びや怒りがこみ上げた時、どの程度の修養を積んできたかがわかる。
集団で行動しているときに、どの程度の見識をもっているかがわかる。
だ。

太字の「順境」「逆境」の言葉は、自分自身に最も響く。
順境に浮かれていると、逆境に突き落とされるとガックリし、良からぬことに手を出してしまう傾向がある。
実際は、順境に置かれているときは、自分の成果というよりも、周囲からのご縁によって助けられていることの方が多い。

日頃から感謝を持って、自分にできることに集中して、クライアントから喜ばれることを提供し、心に余裕を持つことが重要なんだ。
という意味がこもっているのでしょう。

「今の自分」を「昨日の自分」と比較し「今の他人」と比較しない

コロナ禍の2年間。

私が、ビジネス的にも逆境に置かれた時、対処法として大事にしてきたのは、
「今の自分」を「昨日の自分」と比較し「今の他人」と比較しない
ことだ。

東京大学大学院医学系研究科の免疫学研究室(東大院、ここで医学博士号を取得)、外資系製薬会社、ロルフィングの世界と3つの世界を見てきたが、それぞれに必ず、自分には叶わない天才がいた。

東大院では、東京大学医学部の学生と交流があったが、10年に一度の天才と言われた人が、大学院博士課程の同期。
実際、博士号取得3年以内に教授になった。

外資系製薬会社では、マネージャーとして入社したが、30代後半の本部長(役員)や、マネージャーが2年以内に部長になる優秀な人材がゴロゴロといた。

ロルフィングの世界では、さまざまなロルファーさんと出会っているが、新しいボディワークの手技をどんどん開発する天才に何人も出会った。

個人事業主も、億を稼いでいるスーパースターに出会った。

このようなことを考えると、
いかに、他人との比較が「無意味」かというのがわかる。

他人はそれぞれの人生があり、役目があり、作り上げる使命があると思う。
それは、自分自身にも当てはまる。

大事なのは、
「自分は何ができるのか?」
「どういった強みがあって、お客さんに提供できるのか?」
「何を作り上げていくのか?」

その上で、
「昨日の自分に比べ、今自分はどれだけできるようになったのか?」
「どれだけ、お客さんに喜ばれたのか?」
の方が重要なのではないかと。

コロナ禍の2年間、上記のことを考えつつ。
「昨日の自分と今の自分を比較して、どれだけクライアントに貢献したのか?」
を意識するようになった。

定期的な瞑想〜祈りの言葉を取り入れる

同時に
2021年8月から定期的に瞑想を成果に取り入れるようになった(詳しくは「引き寄せの法則と瞑想〜MUSE2を使った体験のシェア〜手放すとは?」参照)。

感情がビジネスに大きな影響を及ぼすことがわかったし、マインドをニュートラルに保つ上で、瞑想は役立つことが確信したからだ。

瞑想を行なっていく上で、工夫している。

具体的には、
「宇宙の叡智様、私の強み・能力をあなたに預けます。ぜひ他の人のために使ってください」
という祈りを言葉を入れるようになったことだ。

その結果として、2022年1月頃からビジネスが大幅に改善してきた。

まとめ

今回は開業7周年を迎え、
「7年間、個人事業主として活動を続けることができた理由は何か?」
について
「逆境」というキーワードからまとめさせていただいた。

今後とも逆境や順境は経験することでしょう。
それに振り回されずに、楽しみながら、過ごせればと考えている。

少しでも参考になれば幸いです!

 

関連記事

【P#1】西洋の薬について〜頭で考えて、カラダへ働きかけ...

【SE#3】初級・前半(3)〜身体の動きとトラウマ〜ロル...

【E#231】ヴァイオリンのリサイタルとヴィーガン対応の...

【N#29】『髪。ヘアケアの基本のき』〜髪の構造、排泄器...

【W#120】ベルギー(3)〜ブリュージュ

【W#172】ミュンヘン(13)〜入国、最新のドイツの状...