1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 【Y#95】瞑想と健康②〜邪気と断捨離〜大きな決断するための心の整理

BLOG

ブログ

コラム ブログ/全ての記事 東洋医学 瞑想/内観

【Y#95】瞑想と健康②〜邪気と断捨離〜大きな決断するための心の整理

はじめに

こんにちは!東京・渋谷(恵比寿)でロルフィング・セッションと栄養・タロットカウンセリングを提供している大塚英文です。

定期的な瞑想を実践〜MUSE2の使用

コロナ禍の中、
2021年8月に、iOS(iPhone)対応のアプリ(Insight timer)を使って、瞑想を開始し、
瞑想によって何が起こるのか、色々と実験をしている。

2021年12月23日から、脳活動計測デバイス・MUSE2の使用を開始。
脳波の変化を観測するようになり、瞑想がより深まった感覚が出てきた。

1)2021年12月までは、早朝に1日1回、15分の瞑想
2)2021年1月からは、朝夜の1日2回、30分の瞑想
を継続。459日が過ぎた(2022年11月22日現在)。

USE2は、瞑想中にリラックスできているかどうかを測定。
鳥のさえずりの音が聞こえてくると、リラックスしていることがわかる。

瞑想の工夫次第で、鳥のさえずりの音の多さが決まるので、そこが面白い。

瞑想にデバイス(MUSE2)を使うようになってから10ヶ月〜瞑想を深めるには?」には、
鳥のさえずりの声を大きくしていくためにはどういう工夫をしているのか?についてまとめた。

瞑想と健康〜波動測定器(iSCAN)でみた身体の変化〜」には、波動測定器(iSCAN)を
使って、11ヶ月に及ぶ瞑想の成果を測定。
150項目以上の全身(臓器、免疫、タンパク質等)をチェックしたところ、ほとんどが緑(問題ない)
で、赤が6項目(尿路、気管支を含む)、黒(問題あり)がゼロと、瞑想の成果が確実に上がっていることがわかった。

突然、MUSE2の電源が入らなくなる

このように、瞑想は、それなりに大きな成果が上がることがわかった。
実は、突然、11月17日(木)にMUSE2電源が入らないアクシデントが起きた。
幸運なことに、代替機のMUSEを持っているので、今はそれを使って瞑想を行なっているが、
電源が入らなくなったことについては、思い当たることがある。

10月の下旬から11月の初旬にかけての2週間、自分の中にある過去のネガティブな体験(邪気)が一気に噴出。
MUSE2の鳥のさえずりの音の多さは、変化なく(平均70%程度)、瞑想が深まったように見えたが、
どっと疲れる感覚があった。

幸運なことに、MUSE2の電源が切れる、3日前からすっきりとした感覚が現れ、
札幌の旅の期間中は、すっきり感があり、一気に邪気が抜けた感じがした。
おそらく、MUSE2のデバイスは邪気を敏感にキャッチし、
今回電源が入らなくなったのだろうと推測している。

心の中の魂にあるカルマが出てきているのか?

稲盛和夫さんのベストセラー「生き方:人間として一番大切なこと」には心について
面白い考え方を紹介している。

稲盛さん曰く、心には
1)知性:後天的に身につけた知識や論理
2)感性:五感や感情などの精神作用を司る心
3)本能:肉体を維持するための欲望など
4)魂:真我が現世での経験や業(ごう)をまとったもの
5)真我:心の中心にあって核をなすもの。真・善・美に満ちている
の5つの層があるという。

これが同心円状にあり、内側に真我があり、外側に知性がある。
「真我」というのは、仏性そのもの、宇宙を宇宙たらしめている叡智そのもの。
その外に「魂」がある。魂には、経験した思い、意識や経験が全て蓄積。
何度も生まれ変わる間に積み重ねてきた「業(ごう)」=「カルマ」が含まれている。
その外に、本能、感性、知性が続く。

おそらく、瞑想を深く行なっていき、本能や魂のレベルまで到達すると、過去の
トラウマの経験を含めた、ネガティブなものが出てくるのでしょう。
今回の瞑想でそのようなことが体感できた。

実は、この邪気が抜けた感覚があった後に、大きな決断ができるようになった(またブログでは報告させていただきたい)。
大きく環境が変わる瞬間って、ネガティブな体験が出てくるのかな、と思うような感じで、
これからどう変化していくのか?楽しみだ。

まとめ

今回は、瞑想と邪気について紹介させていただいた。

この投稿が、少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

【T#1】練習会へ参加:ストーリーと右脳

【N#93】有害ミネラルの解毒・排出(5)〜分子栄養学の...

【E#63】Social Shiftへの参加〜やるべきこ...

【T#25】内面と外面の成長をどのように見分けていくのか...

【B#119】第39回・読書会の開催の報告〜木内鶴彦著「...

【B#60】経済とは「ありがとう」を循環させること〜お金...