1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 【J#89】ゼロ磁場のパワースポット分杭峠を訪れて〜体感したこと、気づいたこと

BLOG

ブログ

コラム ブログ/全ての記事 国内・神社巡り

【J#89】ゼロ磁場のパワースポット分杭峠を訪れて〜体感したこと、気づいたこと

はじめに

こんにちは!東京・渋谷(恵比寿)でロルフィング・セッションと栄養・タロットカウンセリングを提供している大塚英文です。

知人からの誘いもあり、10月下旬に驚異のパワースポットの長野県・分杭峠(ぶんぐいとおげ)に行ってきたので、報告したい。

分杭峠とは?〜ゼロ磁場とパワースポット

長野県・伊那市にある分杭峠。
「ゼロ磁場」という特異的な空間として知られ、テレビでも紹介されたことがある。
実は、平成7年(1995年)に、著名な中国人気功師の張志祥氏を日本の研究団体が招いて日本各地を調査したときに、分杭峠を発見したという。
張氏は、中国でも湖北省の「蓮花山」というパワースポットを発見しており、それにも劣らない良好な「氣」が流れている場所だといったとか。

ゼロ磁場とは「地球の持つプラスとマイナスのエネルギーが互いに拮抗して大きなエネルギーを生み出している場所」。
理屈で言えば、磁気のN極とS極がお互い拮抗して打ち消しあい、磁力が存在しない状態になっているという。
実質的にゼロというよりも、プラスとマイナスの大きなエネルギーが均衡のとれた「全て」を持っているとも言われ、興味深いことに、私たちの命を育むエネルギー場を形成すると言われているとのこと。

大塚家では、神社巡りをしており、パワースポットには並々ならぬ興味がある。
「これは一度体験せねば!」
と思っていた。

こういう時はタイミング良くいきたい人も現れるのでしょう。

知人から
「分杭峠にいきましょう!」
という誘いを受けて、いくことになった。

アクセスの仕方〜バスタ新宿から5時間

分杭峠への情報については
「」
に問い合わせいただきたい。

アクセスの方法は、車、バス、電車の3つ。
麓に駐車場(粟沢駐車場)があり、そこから分杭峠(分杭峠氣場)へは、駐車場がないため、
専用の分杭峠シャトルバスのアクセスしか方法がない。
その点を考えてみて、車だと動きにくいだろうと考え、バスとタクシーで移動することにした。

早朝にバスタ新宿で待ち合わせ。

「伊那バス駒ヶ根車庫」行きに乗車(片道3,500円)し、
「伊那バスターミナル」で後車(ここまで約3時間)。

「伊那バスターミナル」から、路線バスを使って「高遠駅」へ(約30分、運賃550円)。
「高遠駅」からタクシーで「粟沢駐車場」へ(20キロ、タクシー代、6,000円、約20分)。
実は、ここで要注意なのだが「高遠駅」からのタクシーは、ほとんどないといってもいい。
我々が確認しただけでも、2社。

駅に到着しても、全くタクシーが来る気配がなく、どうしようと思っていたら、なんと5分先歩いて行くと、タクシーの手配できる会社を発見。運よく、タクシーに乗車することができた(しかも、優しく良心的な運転手だった)。

午前6時45分に出発し、粟沢駐車場に到着した頃には、午後12時を回っていた。

到着した頃には、バス停で行列ができており、往復のバスチケット(往復:1,000円)を購入した直後に出発したバスには乗車できず。

分杭峠に到着〜パワースポットを満喫

次のバスで、午後1時頃にようやく分杭峠の頂上に到着した。

駐車場から、100メートルのところに「氣場」があり下の道を通って到着。

左右の植物に手をかざすと、ビリビリ感が半端ない。
すごいところにきたな、というのが第一印象。

身体が軽くなるのを感じ、マットをひいて、ゆっくりとリラックスした状態を味わっていた。
残念なことに、さらに奥にある水を汲めるところへ行くことができず・・・。

約1時間滞在したかと思う。
標高1500メートル近くだったので、途中から冷えてきて、厚着をしてきた甲斐があった。
参考にいうと、11月に入ると、分杭峠に行くことができないので、注意したい。

帰路へ〜早めのバスに運よく乗車

帰りは、行きと同じタクシーで戻ることに。
ここで、高遠駅に行くか、伊那バスターミナルへ行くかで迷ったが、
午後3時の段階で、高遠駅から出発するバスが午後4時。
昼食を取る場所がなかったため、昼食を取れる、伊那バスターミナルの方が良いと判断。
タクシーで、伊那バスターミナルへ路線バスを使わずに移動(タクシー代;9,500円)した。

実は、この決断は幸運を呼び、午後4時40分・伊那バスターミナル発のバスに乗ることができた。
(なんと、その後の午後5時半のバスは満員!!)
伊那バスターミナル内にある小さな飲食店で食事を済ませ、バスタ新宿への帰路へ。

午後9時近くの到着と、あっという間の旅程だった。
分杭峠へ行きたい方は、日帰りよりも一泊二日の方がいいかもって思った。

まとめ

分杭峠から戻ってから何日か過ぎたが、
一時的に「好転反応」が起こり、皮膚の湿疹が少し出た。

個人的な感想だが、ゼロ磁場のエネルギーは確かにすごいと思ったが、
日本のパワースポット的に強い、神社にも同じようなエネルギーを感じる。
逆に、全国の神社巡りを引き続き行いたいな、という気持ちになった。

ぜひ、ご興味のある方、東京からだと多少時間がかかりますが、一度は行ってみる価値はあると思う。

関連記事

【T#57】第13・14回・タロット交流会の開催の報告〜...

【Y#34】チネイザンLevel 1(6)〜後半・再開

【N#78】「相手の身体の状態を理解し、的確な栄養や食事...

【W#18】上海と蘇州(2)〜上海観光と食事

【W#155】スリランカ(5)〜ポロンナルワ遺跡と象の孤...

【B#71】「宇宙の根源を知り、魂でつながる仲間を作ろう...