1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 【B#135】第51回・読書会の開催の報告〜千本倖生著「千に一つの奇跡をつかめ!」

BLOG

ブログ

コラム ブログ/全ての記事 読書会

【B#135】第51回・読書会の開催の報告〜千本倖生著「千に一つの奇跡をつかめ!」

はじめに

こんにちは!東京・渋谷でロルフィング・セッションと栄養・タロットカウンセリングを提供している大塚英文です。

今回の課題本:千本倖生さんの「千に一つの奇跡をつかめ!」

今回取り上げた本は、千本倖生さんの「千に一つの奇跡をつかめ!」でした。

京都大学工学部出身の千本さんは、電電公社(現NTT)に入社。当時、30万人のマンモス企業で時価総額も世界一に輝いた時代。一生安泰と言われた企業のキャリアを40代に捨てて、京セラの稲盛和夫さんと共に一緒に第二電電(現KDDI)を立ち上げます。

興味深いことに、起業してから12年後、慶應大学で教鞭。その後、次から次へと起業していきます。例えば、イー・アクセス、イー・モバイル(現・ワイモバイル)等。

この本では、どのような起業家精神が必要なのか?についても書かれているが起業家である前に一人の人間の「在り方」について書かれています。特に第4章が面白く、ビジネスが発展していく上で、利他の心、なんのために仕事をしているのか?という使命(ミッション)を知ることの大切さ、リスクを取ることで、人生がひらけてくるといった、今の日本人が失いつつあるハングリー精神といったこと。等。

千本さんがあたかも目の前にいて、臨場感で伝わってくる内容で、あっという間に読める本です。
個人的には、ご縁があり、何度か千本さんにお会いする機会に恵まれましたが、腰の低い方で、全ての疑問に対して、虚心坦懐に答えていただいたことに感銘を受けた記憶があります。

読書会を開催〜4名の参加者とともに

綱島での3回目の読書会。
あいにくの雨だったにもかかわらず、今回は、新規の参加者一人を含め、4名の方にご参加いただいた。
雨足の強い中、ご参加いただいた方々には感謝申し上げたい。

新しく導入したLG製の55インチのモニターを使って、本日の課題を画面に。

千本さんの人生は、人との出会いや、奇跡の連続のエピソードがあり、その点について、みなさんのご意見を伺うことができた。予想以上に、人との出会いが運命に影響を及ぼすことを感じた。

参加者の一人は、奇跡というよりも、この経験が次につながった、一つ一つに意味がある。大事なのは、後で振り返ってそれがわかることだとおっしゃっていた。

私も、製薬会社に採用される前に、実績のなかった私を心底信じて、採用してくれた上司、ロルフィングを仕事として志す際に、出会った、ロルファーさんや、世界一周中の最後、四次元パーラーあんでるせんのマスターと出会うことによって、個人事業主として活動していくことを決意すること等、色々な記憶がよぎった。

今回の料理

今回も妻・亜希子による料理を提供。

7種類ほど、お惣菜を用意。それに加えて、地粉のパンを>焼きました。地粉のパンは、ノンシュガータイプとハチミツ入りの二つをご用意。ひよこ豆のフムスをたっぷりつけて召し上がっていただきました。

そして、お客様からのお土産の沖縄のシークワーサーの原液や桜餅、そして、手作りの奈良漬けなど、賑やかな食卓になりました。

次回の課題本:小池浩著「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」

次回取り上げる本は、小池浩著「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」です。

引き寄せの法則と、口癖に関して、わかりやすく紹介されている本で、久々にスピリチュアル的な内容。
私も、これから読む本のため、楽しみにしながら、当日を迎えたいと考えています。

ぜひ、ご興味のある方、お越しくださいね!!

関連記事

【N#92】安藤麻希子先生のセミナーを受講して〜子育ての...

【N#82】栄養の資格を持っているボディワーカーで、どの...

【W#113】ドレスデン〜市内観光

【E#227】読書会を開催し、Clubhouseの「大塚...

【B#6】2011年前半ベスト5~モダンアート

【W#64】アルゼンチン(4)〜国境越え