1. HOME
  2. お知らせ
  3. 身体と心をつなぐ筋膜と知覚入門③〜筋膜をどう活かすか?【2022年5月6日開催】

NEWS

お知らせ

お知らせ

身体と心をつなぐ筋膜と知覚入門③〜筋膜をどう活かすか?【2022年5月6日開催】

はじめに

こんにちは!東京・渋谷(恵比寿)でロルフィング・セッションと栄養・タロットカウンセリングを提供している大塚英文です。

3月に第一弾、4月に第二弾の筋膜セミナー開催した際、
・今までになかった視点で筋膜について説明している!
・そこを工夫したらいいんだと納得したという声をいただいております。
今回はその第三弾。
以下開催についてのご案内です。

「身体と心をつなぐ筋膜と知覚入門③〜筋膜をどう活かすか?〜ご案内

題名:
「身体と心をつなぐ筋膜と知覚入門③〜筋膜をどう活かすか?」

日時:
2022年5月6日(金)
午後6時45分入室開始
午後7時〜午後8時(延長の可能性あり)

場所:
ZOOM(リンクは個別に送付します)

定員:
最大10名

参加費:
4,000円(税込)(5月5日までの事前申し込みの場合)
5,000年(税込)(当日の申し込みの場合)
以下のサイトから申し込みください。

イベントの詳細

私は、15年近く、ヨガを練習(2013年にUTL(アンダー・ザ・ライト・代々木)でヨガのインストラクターの資格取得)、ロルフィングの資格(ドイツ・ミュンヘン・欧州ロルフィング協会)をとってから7年が過ぎました。アシュタンガ・ヴィンヤーサ・ヨガを中心に、アイアンガー、クリパル、陰ヨガ等、様々なヨガに接してきました。共通していたのは、ヨガのインストラクターや、柔軟性のある人に怪我が多いことでした。

スポーツでもそうだが、なぜ怪我を抱えながら練習している人が多いのか?
ロルフィングに出会ってから、身体と心を結ぶ「知覚」が大切であることに気づき、それを応用したセッションを提供中です。

「知覚」とは、五感から入ってきた情報に脳が意味づけ(解釈)をするもの。それが、肩こり、腰痛という形や、自分の思い込みや世界観に影響を与えている。厄介なことは「知覚」は、脳が無意識に行うもので、自分でコントロールできない。

だからこそ「知覚」をどう鍛えたらいいのか?が重要となる。

ヨガ、ロルフィングなどの身体的なアプローチ、カウンセリング、瞑想を使って、間接的に「知覚」に影響を与え、意識化。変化を及ぼすことが可能となる。

私は「知覚」に影響を及ぼすものとして「筋膜」が重要だと思っている。
第1回は、知覚の基本的な考え方、第2回は、重力と知覚との関係についてお話しした。

今回は、本題の「筋膜」について話す予定です。

筋膜とは何か?
何からできており、何を勉強したら、身体のパフォーマンスをあげることができるのか?を中心に取り上げる予定です。
ヨガのインストラクター、ダンサーのみならず、運動をされている方、全般が対象となります。

もしご興味のある方、ぜひお越しください!

最新記事