1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 西洋医学
  6. アトピー性皮膚炎/治療
  7. 【N#116】「栄養&マインド上級講座」(0期生)募集中【早割:2022年11月15日まで】〜レベルアップを図りたい方向け

BLOG

ブログ

アトピー性皮膚炎/治療 オーソモレキュラー/栄養学 コラム ブログ/全ての記事 西洋医学

【N#116】「栄養&マインド上級講座」(0期生)募集中【早割:2022年11月15日まで】〜レベルアップを図りたい方向け

はじめに

みなさん、こんにちは!
東京・渋谷(恵比寿)でロルフィング・セッションと栄養・タロットカウンセリングを提供している大塚英文です。

11月に入りました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
今年に入り、現在提供中の基礎的な内容(「栄養&マインド基礎講座」)に加え、
「栄養&マインド上級講座」の募集を行うことになりましたので、お知らせいたします。

「栄養&マインド上級講座」(0期生)のご案内

私は、長年、生命科学の分野で、研究の現場と製薬業界に身を置きました。
そこで、科学論文を通じて、データの解析の仕方、真贋の見極め方などを身につけながら、研究者や、医療従事者向けにプレゼンする機会に恵まれた。

その後、ロルファーとして活動していく中で、身体や栄養の知識の必要性を感じ、
栄養&マインド基礎講座の提供を開始。基礎的な内容をお伝えするようになった。

一方で
「栄養の基礎的な内容よりも、論文レベルでわかっていることは何か?」
「国内外の研究者は「栄養学」の何に注目しているのか?」
というニーズもある。

今回、こういった講座を開いてほしい!といったリクエストがあったので、
急遽、生化学、分子栄養学、細胞の基本的な知識があるが、もっと知識を深めたい方向けに
「栄養&マインド上級講座」(0期生)
を急遽、募集することになりました!

今回は0期の募集となります。

期間・定員

・2022年12月〜5月(6ヶ月間、全10回)(月2回)(スタートは2022年12月)
・定員:5名(オンライン参加可)

価格・Q&A・申し込み

10回受講(一括):125,000円(早割価格(税込))
(通常特別価格は150,000円(税込)、定価は180,000円(税込))
(早割は、2022年11月15日(火)締切、最終締め切り、同年11月30日まで)
*栄養&マインド基礎講座(第4期)への無料参加の特典があります。

疑問点等、ございましたら下記のQ&Aからアクセスください!

本講座で学ぶメリット

1)少数精鋭で受講
2)双方向で「課題」中心の内容
3)科学的知識に対し、真贋を見極める目を養う
4)暗記よりも考え方を身につける

講座の対象者

1)医療従事者で、生化学・分子生物学・細胞生物学の基礎があり、より深い知識を身につけたい。
2)スポーツ・トレーナーで、クライアントさん向けに説明する際に、栄養学の背景となる知識を身につけたい。
3)ヨガ・ピラティスのインストラクターで分子栄養学を身につけたが、生命科学の全体像が知りたい。
4)分子栄養学だけでは成果が上がらないと感じてる方々

ピンとくる方、下記のカルキュラムを考えていますので、ご興味のある方、お問い合わせください!

全10回の内容

平日夜コース(月曜)、土日昼コースから選択
(日程については、決まり次第、アップしていきます)

第1回・糖質の異化・同化について
(エネルギー代謝回路(解糖系、TCA回路、電子伝達系)、ATP、クレアチン回路)

第2回・蛋白質の異化・同化について
(蛋白質の消化・吸収、神経伝達物質の合成、窒素や硫黄の排泄、糖質制限との関係(脂肪・蛋白質のバランス問題))

第3回・脂肪酸の異化・同化について
(短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸を含めた飽和脂肪酸の代謝、長鎖脂肪酸とクレアチニンとの関係+β酸化の代謝回路、オメガ3、6、9の不飽和脂肪酸の代謝とプロスタグランジンとの関係)

第4回・コレステロールの異化・同化について
(ステロイドホルモン(性ホルモン、コルチゾール)、炎症と動脈硬化との接点、スタチンを含めた脂質低下症の治療との関係)

第5回・食欲の調節、腸脳相関、迷走神経との関係
(ポリヴェーガル理論、オキシトシン)、消化管ホルモン(GLP-1、GIP)、腸内細菌(有機酸検査、便移植、腸内細菌叢とは?細菌とカビの違い)、嗅覚の最前線

第6回・ファスティング・断食・解毒について
(葉酸代謝回路、メチレーション回路、硫黄代謝回路の一通りの代謝回路の紹介、「硫黄」と解毒、有害重金属との関係、オートファージのメカニズム等)

第7回・炎症とは何か?〜脂肪細胞と中性脂肪
(炎症とは何か?脂肪細胞とアディポサイトカイン(アディポネクチン、レプチン、遊離脂肪酸)、インスリン抵抗性、動脈硬化、血栓性疾患)、アディポネクチンと動脈、筋骨格との関係、PPARγ、PPARα

第8回・抗酸化と老化の仕組み
(酸化還元の基本、サーチュイン(SIR2)、カロリー制限、コラーゲン、AGE、テロメア、フリーラジカルと活性酸素、活性酸素とミトコンドリア、スカベンジャー)

第9回・筋肉と運動
(筋肉と死亡率、インスリン抵抗性と運動、疲労物質以外の役目としての乳酸、骨格筋での脂肪酸、糖質の代謝、ミオカイン等)

第10回・まとめ

申し込みは下記から

関連記事

【N#61】「水素点滴」の治療を受け終えて〜BAPとdR...

【N#94】2021年末を振り返って(3)〜分子栄養学に...

【N#104】有害ミネラルの解毒・排出(6)〜自然経過観...

【N#68】「ビタミンって本当に役立つの?」〜ビタミンB...

【N#91】「薬に頼らない生き方!」の勉強会を開催〜ミト...

【N#75】腸内環境の除菌(8)〜ミネラル・脂質の血液検...