1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ/全ての記事
  4. コラム
  5. 【R#156】ミュンヘンでのトレーニングについて(4)〜ドイツの日程が決まる

BLOG

ブログ

コラム ブログ/全ての記事 ロルフィング

【R#156】ミュンヘンでのトレーニングについて(4)〜ドイツの日程が決まる

ヨーロッパ・ロルフィング協会のトレーニングは3段階より構成されている。

2014-10-31 08.29.50

Phase I:2014年8月4日〜8月23日
Phase II:2014年10月6日〜11月22日
Phase III:2015年2月2日〜3月25日

それぞれの段階をミュンヘン滞在中に受講。ヨーロッパのトレーニングについては「ミュンヘンでのTrainingについて(1)」「ミュンヘンでのTrainingについて(2)」、総括については「トレーニングの振り返り」に書いた。

2014-10-31 13.16.58

もう一つの特徴は、

Phase IIとPhase IIIとの間(2014年11月27日〜2015年2月2日の間)にメンタリング(Mentoring、Mentorは指導者の意味)と呼ばれるセッションを2回、Phase IIIとSupervision Workshopとの間(2015年3月25日〜2016年12月11日)にメンタリングを3回、それぞれ受ける必要があること。

メンタリング・セッションとは「英国での体験(1)」で書いたように、上級ロルファー(Advanced Rolfer)のオフィスへ行き、技術や心がけなどを学ぶというもの。

2014-11-26 13.08.32

Phase IIとPhase IIIの間は、ロンドンで2回(「英国での体験(1)」「英国での体験(2)」参照)、Phase IIIとSupervision Workshop間は、ロンドンとパリで2回受けた(「英国での体験(3)」「フランスでの体験」参照)。

Phase IIIとSupervision Workshopとの間に残り1回受ける必要があるが、その日程も決まり、2016年12月12日(月)に受講予定だ。

ライプツィヒ在住のKathrin Grobelinkさんで、2016年10月から開催しているPhase IIのトレーニングでGiovanni Felicioni先生のアシスタントをしている方だ。Supervision Workshopでお世話になる予定のPaola先生(「ミュンヘンでのトレーニング(3)〜MentoringとSupervision Workshop」参照)から勧められたことから決めることができた。

Supervision Workshopに伴うドイツへの日程も決まり、2016年12月9日に羽田よりフランクフルトへ出発。12月11日までフランクフルトに滞在。ロルファーの鎌田孝美さんに会う予定だ。12月12日にライプツィヒに滞在後、その夜にミュンヘン入り。

ミュンヘンには12月18日まで滞在(Supervision Workshopは12/13〜12/18)。12月19日にフランクフルトから羽田の帰途へつく。

Supervision Workshop中には、2名のクライアントに対してセッションを行い、手技の復習を行う。クラスは午前9時〜午後6時まで行われる。

また本コラムでその模様について書く予定だ。

12064459_10203789019205021_1051048786_n

関連記事

【N#46】「栄養と酵素について」(4回目)〜アルコール...

【R#28】Phase II(17)〜トレーニング風景

【E#115】キャリアについて考える(1)〜自分の武器を...

【W#164】パリ(1)〜国境審査と入国

【RM#14】Rolf Movement – Part ...

【E#143】お金を循環させ、人とのネットワークを大事に...